適性はレーシックの種類によって変わる


適性はレーシックの種類によって変わるブログ:18 4 2019


美しく減量するためには、
間食にも工夫しましょう!

本当は、間食をしないほうがいいのですが、
そうは言ってもやはり人間です。
甘いものを食べたいというときもあります。

また「間食を我慢」というのも逆にストレスがたまり、
ストレスが肌荒れの原因にもなりますし、
減量の失敗につながることもあります。

だから、時々はいいでしょう。

ただし、市販されているおやつを食べるのなら、
美容にもつながる「板チョコ」がおすすめです。

「えっ!板チョコはむしろ肌に悪いのでは?」

たしかに板チョコは脂分が多く含まれているため、
吹き出物の原因になりやすくなります。

そこで、さらに工夫を凝らすのです。
「カカオ70%以上の板チョコ」を選ぶようにしましょう。

板チョコには、
カカオポリフェノールと呼ばれる抗酸化物質が含まれています。
特にカカオが70%を超えるものは、
それだけ多くのカカオポリフェノールが含まれているので、
強い効果があります。

カカオが70%以上も含まれている板チョコは、
一般的に油分も控えめになっていますから、
考えるほど肌への悪影響は少ないと考えていいですし、
減量にも効果的!

もちろん甘いものは、ストレスを緩和させる働きがあります。
ストレスが小さくなることで、逆に肌によいと考えることができるのです。

できるだけ甘いものを、油分を少なく、体にいい状態で食べるのなら、
カカオ70%以上の板チョコが決め手なのです。

カカオ70%以上の板チョコで
美しく減量しましょう!

明日はいい日かな〜
ニューウェイジャパンナビ
http://www.abc-store-japan.com/page/379

薬用デニーロクリック
https://mote.tokyo/8188

七騎の会
http://xn--u9j630g7xa460t.net/

3階建て住宅check!
http://www.toyotahome.co.jp/chumon/style/3floor.html


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握