目に疾患がある時のレーシック

レーシック手術を残念ながら受けることの出来ないケースというのは、目に何らかの疾患がある場合となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。

 

緑内障や白内障の方、ぶどう膜角膜やヘルペス性角膜炎を引き起こしたことのある方はレーシック手術が出来ません。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。
「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。 もし目に何らかの病気や疾患を持っていたり、特定の症状がある場合におきましては、治療を断念しなければいけません。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。



目に疾患がある時のレーシックブログ:21 10 2021

我が家の料理は、父が作ります。

母は日本人、父は中華系フランス人。
わたしが小さい頃、二人がそれぞれ料理を作っていました。

母が作るのは和食中心。
基本は茹でる、焼く、煮る…
素材のそのままの味を楽しむと言えば聞こえはいいけれど、
実は料理がちょっぴり苦手なんです。

お子さんたちが巣立った後、
我が家のシェフは、父のみとなりました。

父が作るのはエスニック中心。
一般家庭ではなかなか食べない茹でた鳥の足先だって、
我が家ではお馴染みの家庭料理です。

父は料理が好きで、餃子も皮から作ります。
スーパーの食材売り場の散策が大好きで、
一日に何度も食材売り場に足を運んでいます。

父の料理の腕前は、
その辺のレストランよりも断然上です。
父特製の中華料理を食べたら、外では食べられなくなります。

我が家にお客さんを招待すると、
父はここぞとばかりに料理を振舞い、
皆舌鼓を打ちながら食べています。

父は、
皆に自慢の料理を振舞えるのが、
とても嬉しいようです。

また、わたしたちお子さんが実家に帰ると、
これも食べろあれも食べろと大盤振る舞い。
自分で作ってみておいしかったら、
たとえ前日に食べたとしても、わたしたちのために改めて作ってくれます。

そんな我が家の家庭料理は、
到底インターネットでも検索不可能です。
父の料理を作れるようになりたいけれど、
これがなかなか難しい…

まず調味料がわからない…
見慣れない調味料が多いんです。

作り方もまた難解。
「料理教えて」って頼んでみても、
なんとなくこれくらい…とか、味見しながらだよ…って、曖昧すぎる。

とりあえずわたしは父譲りの料理のセンスはあるものの、
父の味を引き継ぐには、まだまだ時間がかかりそうですね。


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握