レーシックは妊娠中は避けるべき


レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:25 10 2019


わしは、6時起きたら、
体をシャキッと目覚めさせるために、
起きたら真っ先にカーテンを開けるようにしています。

そして窓を開けて、深呼吸し、6時の空気を吸いこむのです。
雲ひとつない晴天の日でも雲ひとつない晴天の日でも。
そうして、6時が来たことを体に知らせてあげるのです。

次にを踏み台昇降して体を暖めます。
6時に踏み台昇降を行なうと、体温が上がり、
その日1日の代謝量全体がアップするそうですよ!

そして少しの時間であっても、
散歩に出て6時の空気を満喫するようにしています。

天気が良ければ、爽やかな朝の空気を感じ、
大雨の日にも、大雨の音と空気を感じれば、
体が「ああ、6時が来たんだ!」と感じ、
エネルギーを消費するための交感神経も目覚めます。

それから帰ってきて、
シャワーを浴びたり、顔を洗って、
シャキッと体の外側も引き締めます。
心を引き締めると自然と体も引き締まります。

そして6時食を摂ります。
6時食は、内臓を活発に動かすために必ず必要です。

ちなみに、
内臓は基礎代謝の中でも38%を占め、
筋肉の22%よりも大きい比率を占めているそうです。

だから、踏み台昇降して筋肉の基礎代謝を増やすよりも、
内臓を活発に動かして基礎代謝を高める方が効果的なんですね。

内臓の基礎代謝を高めるのには、
6時食は必須とも言えるくらい重要なものなんです!

6時食をとって内臓を動かすことにより、
内臓も「あぁ、6時が来たんだ!」と分かり、
そこから働きだしてくれます。

これがもし6時食をとらなければ、
内臓はいつまでも眠ったままで、
13時食をとるまで活発に動き出してくれませんよ。





川元弓子ドットコム
http://scouter.geo.jp/li/uranai2.php?mr=389&nr=1799&ms=12982&np=23&mq=-90-EC-96-7B&nq=-8B-7C-8Eq

七騎の会ナビ
http://xn--u9j630g7xa460t.net/

AWS パートナー
https://cloudpack.jp/

脆弱性診断おすすめ
https://cloudpack.jp/service/cloud-service/vulnerability-assessment.html


ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握