適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:30 12 2019


減量と聞くと、
食事を制限することに重点を置きすぎる人が多いみたいですが…

確かにトレーニングを定期的にするということはしんどいですから、
食事を抜くことの方が、楽だと感じる気持ちもわからなくはありません。

ところがトレーニングをすれば、
何もしなくても、痩せる体を作り出すことができるんですよ!

何もしなくても痩せられるのなら、
こっちの方がお得ではありませんか?

トレーニングをすることによって、体には筋肉がつきます。
この筋肉、一種の大型外車のような感じなのです。
つまり、燃費がものすごく悪いんです!

わたくしたちの体の場合、燃費とはもちろんカロリーとなります。
筋肉の量によって、同じ動きをしただけでも、
使われるカロリーの量が違ってくるのです。

実際、食事制限をすると、
わたくしたちの体は今の状態を維持しようとして、
エネルギーをできるだけ使わないようにします。

このときに真っ先に切られるのが、不採算部門の筋肉なのです。
ですから、食事制限をして痩せるかもしれませんが、
これは筋肉をそぎ落としている結果ともいえます。

逆にトレーニングをして減量をする場合、
なかなか筋肉を切ることができなくなります。
筋肉を使っているからです。
なので、消費カロリーのペースが落ちません。

しかも、わたくしたちには「基礎代謝」というものがあります。

基礎代謝は
わたくしたちが生きていくために消費しているエネルギーのことです。

当然、筋肉が多い人ほど基礎代謝が大きくなります。
つまり、寝ているときのエネルギーの消費量も
筋肉のある人の方が多くなるわけです。

トレーニングといっても激しいトレーニングをする必要はありません。
ストレッチなどの軽いトレーニングであっても、
筋肉を維持したり、増やしたりすることはできるからです。


適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックとドライアイとの関係
あの松坂選手もレーシックを受けました
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックは妊娠中は避けるべき
適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)失敗しないための賢いレーシック探し