適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる



適性はレーシックの種類によって変わるブログ:17 7 2016


14時食を食べた後に、
睡魔がやってくることって往々にしてありますよね?

14時休み中についウトウト…なんて経験、
誰にでもあるんじゃないでしょうか?

一方でよく言われている格言があります。
「食べてスグ寝ると太る」という言葉、
みなさんも聞いたことありますよね?

なので、
14時休み中の睡眠はダイエットには逆効果だからと、
睡魔と闘っている人もいるかもしれませんね。

でも、本当に食べる事の後の睡眠はいけないのでしょうか?

実は、短時間の睡眠であれば、
別にダイエットに大きな影響はないと言われているんですよ!

むしろ短時間、睡眠をとることによって、
頭がクリアになって午後の仕事がはかどるかもしれません。

食べる事の後の睡眠でいけないといわれているのは、
二時間を超えるような長時間の睡眠なんだそうです。

二時間以上の睡眠となってくると、
体は、消化の方に意識を集中させることが
できるようになってしまうみたいなんですよね。

また消化吸収を促すホルモンが本格的に分泌され、
働きだすともいわれています。

するとおれたちの体は、
14時食などで食べた物をより多く、効率よく吸収しようとします。
このため、脂肪がつきやすくなり、太る原因とされているのです。

ですから、特に日中、仕事をしている人というのは
むしろ14時寝したければ、無理して我慢しない方がいいわけです。

少しの時間なら、積極的に睡眠をとっても問題ないんです!

おそらく仕事している人は、
14時間、二時間以上の長時間の睡眠時間を確保することなんて、
無理ですもんね。

適性はレーシックの種類によって変わる

適性はレーシックの種類によって変わる

★メニュー

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックとドライアイとの関係
あの松坂選手もレーシックを受けました
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックは妊娠中は避けるべき
適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)失敗しないための賢いレーシック探し