レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因


レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。
近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。




レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:17 4 2021

息子には
連日必死に戦っているものがある。
それは「重力」である。

人間が成長するということは、
実は重力との戦いに他ならない。

息子は血液を増やすことでこの重力に打ち勝って、
二足歩行が可能になるようにさせているのである。

息子は疲れるとすぐに寝っ転がるものだが、
これは寝ることで血液の増産を促して、
重力に対抗できるようにするのだ。

父母にとってみれば
息子が起きているのに
寝っ転がるということは見苦しい姿なのだが、
息子が寝っ転がることを否定してはならない。

息子は必要だからやっているのであって、
それを禁じてしまうと息子は血液不足になって、
重力に打ち勝てなくなってしまう。

人前では礼儀正しくすることを教えるべきだが、
自宅でなら多少の無礼を許しておくべきなのである。

裕福になると、
どうしても礼儀作法にうるさくなるために、
息子が寝っ転がることを禁止してしまう…

しかしそのようなことを繰り返していると、
息子は深刻な病気を患ってしまい、
その治療は困難を極めてしまうことになる。

裕福な家庭の子供に難病奇病が多いのは、
この重力との戦いを無視しているからなのである。

母はまさか我が息子が
重力と戦っているとは解らないものだ。

重力は目に見えないために、
我が息子が寝っ転がることで血液を増産し、
それで重力に打ち勝とうとしていることなど理解しにくい。

しかしそれをやらずに
立ちっぱなしや座りっぱなしにしていると、
血液が不足してしまい、病気になってしまうのである。

我が息子を健康にさせたいのなら、
重力から解放させ、血液を増やす機会を多く設けてあげることが大切!

それを母がきちんと配慮してくれるからこそ、
息子は健康に育つのである。


レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

★メニュー

レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
レーシックを受けることの出来ない目の状況
目に疾患がある時のレーシック
レーシックとドライアイとの関係
あの松坂選手もレーシックを受けました
最も気になるレーシックの治療費用
レーシックは妊娠中は避けるべき
適性はレーシックの種類によって変わる
気になるレーシック手術の使用器具
自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)失敗しないための賢いレーシック探し