レーシックとドライアイとの関係

レーシック手術をしたいと考えている人の中には、ドライアイの症状がすでに出てしまっている人もいるかもしれません。
ドライアイを引き起こしてしまっている人というのは、残念ながらレーシックをすることが出来ないケースがあります。

 

ドライアイとなっている人でも、状況によりましてはレーシックの手術を受けることは出来ます。
しかし重い強度のドライアイにおきましてはレーシックを受けることが出来ないことを覚えておきましょう。
これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。 そもそもドライアイというのは、長時間目を開けていることが出来ないで、異物感を感じる症状となります。
これは長時間コンピュータのモニターやテレビを見ている人に比較的多い症状ですのでご注意ください。



レーシックとドライアイとの関係ブログ:19 2 2021

妊娠中のママは体操も出来ないため
筋肉が落ちるので基礎代謝も落ち、
赤ちゃんを守るために脂肪もつきやすくなっています。

骨盤も出産に合わせて広がっていますが、
産後になっても骨盤が開いたままだと
そこに脂肪がつきやすくなってしまいます。

なので、産後は、
骨盤の開きを戻す体操や
骨盤を支えるベルトなどをして、骨盤を引き締めましょう。

骨盤を引き締める体操は産後すぐから始められますが、
体操はひと月検診の時に
医師に相談してから徐々にはじめましょう。

ヨガなどの有酸素体操は身体も気持ちよく伸びて、
精神的にもリラックスできます。

赤ちゃんの首がすわったら、
抱っこしながら一緒に体操するのもいいですね。

産後はご飯にも配慮しましょう。
あらかじめ1日分のご飯量を決めて、
バランスよく食べることが大切です。

授乳によって赤ちゃんに栄養を与える時期ですので、
栄養はしっかりとりましょう。

おすすめの食材は
切干大根やひじきなど鉄分が豊富な食材や
納豆や豆腐など低カロリーで良質なたんぱく源。

特に納豆には女性ホルモンに似た性質がありますので、
産後のホルモンが激変している時に補いたい食材です。

野菜は蒸し野菜にするとたくさん食べられて
ビタミンやミネラルの損失も少なく
調理も簡単なのでおすすめです。

産後半年は脂肪が流動的で
実はダイエットには最適な時期と言われています。

無理にやせようとしなくても
1日授乳するだけでも、
約600キロカロリーを消費することになるそうです。

栄養たっぷりな母乳を与えるためにも
しっかりご飯をとって、間食を控え、適度な体操をして
健康的にシェイプアップしましょう。




ホーム サイトマップ
目に疾患がある時のレーシック レーシックとドライアイとの関係 気になるレーシック手術の使用器具 自分に見合ったレーシックの種類を把握